アメリカ生活ではパーソナルチェックを利用する

パーソナルチェックを利用する

アメリカでは、窃盗などの犯罪が多く、極力現金を持ち歩かないようにする習慣があります。

スーパーに長蛇の列が並びやすいのも、現金で払うのではなくクレジットカードやパーソナルチェックを利用する客が多いためレジで時間がかかるからです。

パーソナルチェックは、要するに小切手のことですが、利用するときに免許証などの身分を証明できるものを提示しなくてならないのと、本人のサインが必要なために、仮に盗難にあっても悪用される心配がありません。

パーソナルチェックを作るには、銀行に口座を開きチェッキングアカウントとを開設します。

すると、利用したチェックはその口座から自動的に引き落とされるようになっています。