アメリカ車のセキュリティーアラーム

アメリカ車のセキュリティーアラーム

私が住んでいたロスアンゼルスでは、殆どの車にセキュリティーアラームが付いており、このアラームについてのエピソードだけでも、何ページが書けるほど。
私が使用していた車にも当然ついていました。

ある日の、出勤前にカフェによって車から降りようとしたところ、何の操作を間違えたのが突然私の車のセキュリティーアラームが
「パオ!パオ!パオ!」と、けたたましい音。

その音は救急車よりも多少低いくらいでしょうか。
驚きました。 心臓を吐き出だしそうになりました。

どうやって止めたらいいのか分からず、心の中で
「Help me! Help me」と叫びながら本当に泣きたくなったのを覚えています。
音や振動に反応する車が多く、ドアを閉めた音に感知して鳴る車もあります。

ある日、真っ赤なポルシェの横に駐車した時のこと。
ドアをバタンと閉めたら、
「ピ〜ッ!ピキョロピキョロ、ピ〜ッ!ピキョロピキョロ! パオパオ、ピ〜ッツ!」と鳴り出したのです。
まるで鳴き声の珍しい鳥が、救急車と同じくらいの音量で鳴いているような感じです。

私は一瞬 「(やばい!窃盗犯と間違われたらどうしよう!)」
努めて極力平静を装いながらも、周囲をキョロキョロ。

「(俺、盗難に失敗して現場を離れる窃盗犯に見えるかな。警察来ないだろうなあ)」と、ハラハラドキドキ。
スポーツカーと言えば、こんなおもしろい警告がありました。
真っ赤なランボルギーニカウンタック。

「かっこいい!」 中はどうなってるんだろうと思い近寄ったところ

"step back! step back!(さがれ!さがれ!)"
「えっ!車がしゃべる」
車から発せられた警告でした。

「へえ〜」と感心していた瞬間
"If you don't step back within 10 seconds, alarm will go off.(10秒以内に下がらなければ、アラームが鳴ります)"
と言うわけです。

すると今度は
"Ten,nine,eight,seven..."
なんと、カウントを数え始めたのです。

「ホヒョ〜!これはおもしろい!」と感心していたものの、さすがに
"Five,four..."
とゼロに近づくにつれ、

「まずい!」 と思って反射的に車から離れたところ

"Thank you(ありがとう)"
ですって。

あまりの面白さに、私は周囲の目も忘れ、この動作を何度か繰り返していました。
絶対不審者に思われていたか、世間知らずのアジア人とあきれられていたことでしょう。

警察が来なかったところを見ると、後者の方ですね。

そこで、あなたへの質問。
仮に、深夜のアメリカで、自分の車のアラームが鳴っていたらどうするべきか。

答えは
あわてて、車に駆け寄って行かないこと。
車よりも、自分の身の安全が優先だからです。

上記のように、ちょっとした何かの反応でアラームが鳴ることは日常茶飯事。
また、仮に本当に車の盗難にあっているとした場合、窃盗犯に近寄ることは、車だけでなく自分の身を危険にさらすことになります。