英会話の独学で挫折

英会話の独学で挫折

英会話の独学で挫折するパターン
英会話の独学で挫折するパターンが英会話教室などに通っている人と比較した場合に多いか少ないかは分かりませんが、私の考えとしては比率的に高くなることは考えにくいのではないかということです。

なぜなら、英会話スクールに通ってやめてしまう人が後を絶たないからです。
中には、長期レッスンの多額受講料を払い込めば続けるだろうと自分を追いこんでさえも、途中で通うのをやめる人が決して少なくないのです。

ですから実際に外国人講師などと接しながら勉強した方が継続できるとは限らないのです。

社会人が英会話の勉強をするとなると、英会話スクールに通うことは簡単なことではありません。
かと言って、一人で勉強を続けるというのは目的意識が強くないと難しいことです。

やはり、勉強を楽しむ、そして学んだ英語を使うという、この二つが継続の強い支えになることを考えると、勉強方法を見直す必要があります。

まず、楽しむ方法として別ページでも紹介している洋画を楽しむ勉強や、英語を使うことに関してはオンラインレッスンを利用するなどして、マンネリ化を避けるべきでしょう。

ある適度のレベルに達すると英語に接するのが楽しくなってきます。
そして、英語が勉強でなく生活の一部になるのです。

実際に英語のニュースを聞いたり、洋書を読んだりと英語を使うことが日常の一部になるまでなんとかして勉強を継続することが肝心です。

私自身、これまでに色々な方法で勉強してきましたが、その多くは独学です。
やはり、自分で勉強する時間を作らないと中々上達しないものです。

英語を話すことに慣れるのと、英会話が上達するということは別なことです。
そういう意味では、英会話を独学できる人は上達する可能性を大きく秘めているとも言えます。