英語のメル友ペンパル

英語のメル友ペンパルを作る

英語は実際に使ってみて、それが通じるかどうかを確認することが肝心です。
英語でメル友ペンパルをもち、英語を書くことで、どれだけ自分の英語が相手に通じるかを確認することができます。

私が初級者だったころ、当時インターネットもそれほど普及していませんでしたのでStudent Timesに掲載されていたペンパルコーナーを利用して外国に何人かのペンパルを作っていました。

相手は英語圏の人もいれば、そうでない人もいました。
初級者のうちは、かえって英語圏でない人の方がいいかもしれません。
相手の英語レベルも、初級上級レベルであることが多く、こちらとしても気が楽になります。
相手の英単語もそれほど難しくないので分かりやすいのです。

実際にさまざまな国の人と交信することで、英語を勉強することの素晴らしさが実感できます。
国によっては、貧しい国の人もいれば政治的に不安定な国に住む人もいます。

日本の常識では考えられない日常生活を送っている人もいます。
それらの人々を通して外国を知ることで、あらためて日本という国のことを考え直す良い機会にもなるのです。

そして何よりも外国の人々と交信することで、英語を学ぶ最終目的を即実践できるという最大の目的を実行できるのです。
多くの人は、英語ができるようになったら外国の友達を作りたいと考えます。

そうではなく、まず外国の友達を作るのです。
そして、つたない英語でも彼らと情報を交換し合う。
そうすることによって、英語を勉強する意欲と必要性がさらに増してくるのです。

ですから「まず目標ありき」ではなく、「まず実行ありき」なのです。
「でも、自分のレベルではとても友達は作れない」
と考えている方もいるでしょう。
まずはトライしてみましょう。
思っているほど難しいものではありません。

辞書を引きながら、自己紹介を書いてみてください。
また、相手の何を知りたいのか、辞書を引きながら書いて尋ねてみましょう。

相手から返事が来れば分からない単語もたくさんあるでしょう。
辞書を引きながら意味を調べてゆきましょう。

メールでのやりとりは、自分のペースで出来る「書く英会話」なのです。