TOEICと就職

TOEICと就職

TOEICと就職のついての関係はどうでしょうか?
一般の英語を必要としない会社ではあまり重要視されないでしょうが、日頃から勉強いている姿勢は評価されると思います。

英会話教室などでバイリンガルを募集しているところではTOEIC850点レベルは要求されるようです。
ただ、幼児を対象とした教室ではTOEIC600〜700点台でも十分のようです。

もし実際の仕事で外国人と英語で会話したり、英語でメールのやりとりが必要な場合はTOEICの勉強よりは、実戦に即した勉強を行うべきでしょう。
ということはTOIEのスコアは就職する段階で必要なもの、また実戦に必要なスキルはネイティブと会話をしたり、外国人とメールを行うなどして実力をつけておく必要があるということです。

ある程度満足のゆくTOEICのスコアが取れたらあとは日ごろから英語に触れて、いつでも使えるようにしておくことが大事になるといういことです。
TOEIC800点台のレベルになれば、英語を聞いたり読んだりすることは勉強と言うよりは情報を取得するための手段として十分なはずです。(もちろん分からない単語は数多くありますが)

ですから、そのレベルに達したら洋書や英字新聞を読んだり、また英語のニュースを聞いたりすることを日課とするとよいでしょう。
いざ、再度TOIEを受ける必要がでれば、またその準備のための勉強をすれば良いだけの話ですから。