hearとlistenの違い

hearとlistenの違いを理解しないと誤解をまねく

hearとlistenの使い方の違いを知っておかないと、場合によっては誤解されてしまいます。

hearは、(意識しなくても)聞こえる
listenは(意識して)聞くhearとlistenの違い
の違いです。

ですから、英語を勉強している人が
「私はヒヤリングが弱いんです」を英語で
My hearing is poor.
と言うと
「私は耳が遠いんです」
となります。

この場合は
My listening comprihension is poor.
となります。

ですから、隣の部屋から何かが聞こえたような場合にlistenを使ってしまうと、壁に耳をあてて聞いていたように取られかねません。

誤解を生じないように、hearとlisttenの使い分けを覚えましょう。