forの使いかた

forの使いかたを理解しよう

forは「〜のために」という意味の他にも用途があり、前置詞の中で比較的間違いやすい言葉です。

1)方向(〜に向かって)
新幹線の英語の車内アナウンスでも聞かれる説明で
「この列車は東京行きです」は英語で
This train is bound for Tokyo.
となります。

ここで、to は使えないのかと思いますが、基本的にtoは到着地点を説明する場合に使われ、forは〜方面という、方向を説明する場合に使われます。

ですから、for Tokyoは厳密に言うと、「東京方面行」となるわけです。

2)目的の意味で、〜のために。

私は家族のために一生懸命に働きます。
I work very hard for my family.

3)賛成して
私は、彼の提案に賛成です。
I'm for his proposal.

4)〜を求めて
I want to ask for your help.
あなたの助けをお願いしたいのですが。

5)範囲
「〜の間」
彼は10時間も勉強し続けている。
I have been studying for ten hours.

その他にも、多様に用いられる単語ですが、できるだけ多くの英語に触れ、理屈ではなく自然と覚えるようにすることも大切です。

英語に限らず、語学は理屈でおぼえようとするには無理があり、多くの場合自然と形で覚えることも必要です。