過去分詞の形容詞的用法

過去分詞の形容詞的用法

こちらで音声が聴けます

過去分詞を使って、「〜された…」と名詞を形容詞的用法で修飾することができます。
形容詞は名詞(物事)を修飾する品詞ですね。

例)
きれいな(形容詞)花(名詞)
Beautiful flower

長い(形容詞)ブーツ(名詞)
Long boots
ここでは、「きれいな」「長い」が形容詞にあたります。

おなじよう「〜された…」の例として
例)
壊された窓
broken window

盗まれた時計
stolen watch

過去分詞と名詞を組み合わせて一つの形容詞句になっているわけです。
この過去分詞が名詞の後に置かれる場合があります。 それは、二つ以上の単語で名詞を修飾する場合です。

例)
マイクによって壊されたその窓
The window broken by Mike

マイクに壊された窓が見える?
Can you see the window broken by Mike?

ある男によって盗まれたその時計
The watch stolen by a man.

これはある男に盗まれた時計です。
This is the watch stolen by a man.

過去分詞の形容詞的用法その他の例文

私は村上春樹が書いたその(によって書かれた)小説が好きです。
I like the novel written by Haruki Murakami.

イソップ物語の中にも次のような文が
The ants were spending a fine winter's day drying grain collected in the summer.
アリたちは、夏の間に集めた穀物を乾かしながら冬の気持ちの良い日を過ごしていました。

Grain collected in the summer
夏に集めた(集められた)と、ここで使われていますね。

マイクという名前のお金持ちが、そのレストランを経営しています。
A rich man named Mike runs the restaurant.

私はキングと呼ばれる男に会った。
I met a man called King.

受け身文の解説