〜することになっているbe supposed to

〜することになっている、be supposed to 〜の疑問形を作る学習

be supposed to 〜の疑問形を作る学習。

決まりごと・ルール・習慣・予定・約束(することになっている)や義務(すべき shouldに近い意味)のような表現で、日常的会話でよく耳にする表現です。

ここでは主に、「〜することになっているのですか?」「〜することになっていたのですか?」の英文の作り方を学習しますが、状況によっては同じ言い方でも「〜すべきですか?」という意味になります。

〜することになっているbe supposed to 〜の疑問形例文集

1)私たちは、それをすることになっているのですか?

Are we supposed to do that?

2)私たちは今日の午後、お客さんが来ることになっているのですか?
Are we supposed to have a visitor this afternoon?

3)私たちは午後9時までにオフィスを出ることになっているのですか?
Are we supposed to leave the office by 9mp?

4)今晩、会う予定になってましたっけ?(すっぽかしてしまった)
Were we supposed to meet tonight?

5)彼に会うことになっていたの?(会わなかった)
Were you supposed to meet him?

6)誰に報告することになっていたのですか?(報告しなかった)
Who were you supposed to report to?

7)あなたは誰に電話することになっていたのですか?
Who were you supposed to call?

8)誰に会うことになっていたのですか?
Who were you supposed to meet?

9)今、ここで誰に会うことになっていたのですか?
Who were you supposed to be meeting here?

10)どこに行くことになっているのですか?
Where are you supposed to go?

11)彼とどこで会うことになっていたのですか?
Where were you supposed to meet him?

12)その依頼された情報をどこに送ることになっているのですか?
Where are you supposed to send the requested information?