分詞構文 ing例文

分詞構文 ing

現在分詞を用いた分詞構文
(意味)
@ 時
A 原因・理由
B 付帯状況「〜しながら」「〜して・そして」
C 譲歩「〜だけれど/たとえ〜だとしても」

上記のどの意味になるかは読み手が判断しなければなりません。
文の前後から判断し、それでも分からない場合は@からCの順で訳してみる。
一般的にその順で使われる頻度が高いため。

@ 時「〜していた時」「〜すると」「するやいなや」When.Whileを使った表現で言い表せる。 Driving on my way home, I saw a sign that said "Open 24 hours."
帰宅途中運転していた時、24時間営業のサインを見かけた。
=When I was driving on my way home, I saw a sign that said "Open 24 hours."

Seeing me, the cat ran away.
私を見ると、その猫は走り去った。

Hearing the news, she began to cry.
その知らせを聞き、彼女は泣きだした。

Walking on the street, I saw Taro talking with Yoshiko in front of a convenience store.
道を歩いていると、私は太郎と花子がコンビニの前で話しているのを見た。

A 原因・理由(〜なので)
Having a cold, I couldn't go out.
風邪をひいていたので、出かけられなかった。

Being busy, I couldn't help him.
忙しかったので、彼を手伝えなかった。

Having no money with her, she couldn't buy the train ticket.
お金を持ち合わせていなかったので、彼女は電車の切符を変えなかった。

原因・理由を表す分詞構文ではBecause(なぜなら),since(〜なので)など、強い因果関係を表す接続詞を使うまでもない場合に、この分詞構文が使われることが多い。

B 付帯状況
(イ)「〜しながら」分詞構文は通常後に置く。
We sat at the beach, looking at the setting sun.
沈む太陽を見ながら、私たちは浜辺に座っていた。

I was reading a book, listening to my favorite music.
お気に入りの音楽を聴きながら、私は本を読んでいた。

(ロ)「〜して、そして」
a) Opening the package, I found the product was broken.
梱包を開けると、製品が壊れているのを見つけた。

b) An elderly man came up to me, asking how to get to the station.
老人の男性が私の所へ来て、駅への行き方を尋ねた。

分詞構文をどの位置に置くかは、時間的な順に従う。
aは箱を開けたのが先で、bの場合は尋ねたのが後。

「〜しながら」か「〜して、そして」のどちらかは、文のもつ意味で判断。
また、混同しやすい場合はandで接続するなど分詞構文を使わずに表現する。

分詞構文は接続詞を使わずに二つの文をつなぐ方法です。
実際の会話では接続詞を用いることが多く、分詞構文が使われるのは下記の慣用句です。

Considering…(を考慮に入れると)
He looks young, considering his age.
彼は歳の割には若く見える。

Judging from…(から判断すると)
Judging from my experience, I don't think we can do this job.
私の経験から判断すると、我々にこの仕事をやれるとは思えない。

Generally speaking….(一般的に言えば)
Generally speaking, Japanese work too hard. 概して、日本人は働きすぎだ。