英語ができなくてもアメリカで生活できるか?

英語ができなくてもアメリカで生活できるか?

英語ができなくても、アメリカに2、3年も住んでいれば自然と英会話出来るようになると信じている人が多いようです。 では現実はどうなのでしょうか? 私は不動産の仕事でアメリカに赴任を命じられ英語初級レベルでアメリカ生活が始まりました。 TOEICレベルで300点代レベルでアメリカに渡ったのです。

渡米して驚いたのは、アメリカに住んでいながら英語を話せない日本人が多いという点です。 流暢な英語でアメリカ人とコミュニケーションをとっている日本人はごく一握りの人たちでした。

英語が話せない人たちの中には、アメリカ生活が10年以上という人もおり正直私は大きな衝撃を覚えたものです。 なぜならば、アメリカに2、3年も住んでいれば自然と英語が話せるようになるだろうと私も信じていたからです。 アメリカに生活していただけでは、英語は話せるようにならない、そう思い焦りました。

実際にアメリカで生活をしてみると、英語を話す機会というのは意外と少ないのです。 初めのころは、英語で話ができる友達もいるわけではありません。 日本人のいるオフィスではどうしても日本人同士の会話が多く、現地のアメリカ人との会話は限られてしまいます。

会話ができるとしてもごく限られた会話内容になってしまいます。 日本人と違い、仕事が終わってから一杯飲みに行くなどということはそうそうあるものではありません。 このような生活が続けば、自然と英語が話せるようになるなどということはありえないわけです。

私の場合には、アメリカに居ながら英会話スクールに通い、友達を作るためにテニス仲間を作ったり現地のアメリカ人たちが集まるビジネスパーティーなどに積極的に参加することにより多くも友達を得ることができました。 そのような機会を持たずにアメリカで生活をしていたのでは、いつまで経っても英会話を話せるようになることはできません。 英会話を身につけるために海外留学を考えている人はそのことを肝に銘じて、本気で学習に取り組まないと留学が遊学に終わってしまいます。

アメリカ生活で英語ができずに困っている方は私のオンライン英会話レッスンをお試してみてください。