TOEIC学習

TOEIC学習の進め方

TOEIC試験準備のためにそろえる問題集は最低5回分、できれば10回分の問題集は欲しいところです。

学習の進め方
@ リスニングPart1を行います。

A 70%程度理解できて正解できるまで繰り返し聞きます。
(上記目標の正解率は学習者のレベル、目指すスコアによって異なるので自分なりに設定してください)
正解できない問題のみICレコーダーに録音して時間のあるときに繰り返し聞きます。

B 次に第2回目の問題集のPart1を同様に行います。
  同様に3回...5回目とPart1のみ全問行います。
  間違えた個所を重点的に繰り返し演習してください。

C Part2以降も@A同様に行います。
Part4は聞き取れるようになるまで時間がかかりますが、しっかりと取り組むことでリスニング力がアップします。

Part1から3までは最低9割程度、Part4が5割程度分かるようになったらリーディングに進みます。
この程度も、レベル、目標に応じて設定してください。

リーディングの学習に進んでも録音した個所は聞いてください。
慣れてきたら再生スピードを120〜150%と上げます。
そのスピードで聞き取れるようになると、通常スピードで聞いた際に遅く感じるはずです。

リーディング
進め方は基本的にリスニングと同じ方法です。

@ パート5のみ一回分ずつリスニングと同じ方法です進めてください。
その際、答えを赤ペンで書き込んでゆきます。

復習する際、赤で書き込んだ答えが見えないよう赤シートで隠します。

答えを書き込むのは解答のページめくる際のストレスと時間を減らすためです。
こうすることで、より多く復習を行うことが可能になります。

A 50〜100%程度理解できて正解できるまで繰り返し演習します。
(上記目標の正解率は学習者のレベル、目指すスコアによって異なるので自分なりに設定してください)

B Aで正解できても、なぜその答えになるのか理解できない場合は解説を見てください。
何度も復習していると答えを覚えてしまうので、単に正解できただけでは不十分です。

自分で解説できるようになればOKです。
必要であれば赤ペンで余白に書き込んでも構いません。

C Bまでいったら、パート6に進み、@からBと同じ方法で学習。
 ただしPart5で理解できていない個所は、Part6に進んだ後でも並行して復習します。
他のパートを行う際も同様です。

D最後に試験1回分を時間内に全問解きます。
同様に2回目以降の問題を解いてゆきます。

コツは、
・覚えたところを忘れないうちに短期間で何度も復習する
・覚えた状態を維持しながら先へ進む
・リーディングは答えを解説できるようになるまで解説を読む。

banner
 スマホでも受講可能です