英語リスニングの勉強方法

英語リスニングの勉強方法

英語のリスニングは、意味を理解して聞くのと、分からない英語を聞き流すのでは上達の早さが明らかに異なります。

同じ時間を割いてリスニングの勉強するのであれば、効果の上がる方法で勉強するべきでしょう。

例をあげてみます。

I was hanging around.(アイ ワォズ ハンギング アラウンドゥ)

と誰かが言ったとします。
このフレーズを何度聞けば意味を理解することができるでしょうか?

単に、このフレーズだけを何百回、何千回と聞いても意味を理解することはできないでしょう。

このフレーズが会話の中で挿入されていれば、文の前後から「こんな意味かな?」と推測することはできますが、それが、そうであると確信を持つことはできません。

推測して理解したつもりで使っていた単語は、実はまったく違った意味だったということもあるので、注意が必要です。

さて、このフレーズの意味は

特に、目的もなくブラブラすることを意味します。

What were you doing in Shibuya yesterday?(昨日渋谷でどうしていたの?)

I was just hanging around.(ただ、ぶらぶらしていただけさ)
という使い方です。

さあ、このフレーズをこれから10回聞いたとします。
意味を理解する前は100回聞いても分からなかった単語を、今度を意味を理解した上で10回聞くとどうなるか?

はい、そのフレーズと意味が脳にしみこんでゆくのです。
意味を理解した上で、英語を聞くことの大切さはここにあるのです。