英会話スクールで英会話が話せるようにならない原因

英会話スクールに行っても英会話が身につかないのはなぜ?

英会話スクールに行っているがなかなか英会話が身につかないという方は意外と多いのです。 ではここでなぜ英会話スクールに行っても英会話が身につかないのかを考えてみましょう。 一言で英会話スクールと言ってもピンからキリまであります。

グループレッスンの場合、共通して言えることをここで幾つか述べたいと思います。 まず一点、グループレッスンの場合、各生徒様が話をする時間が圧倒的に短いという点が挙げられます。 4、5人くらいのグループレッスンであれば一人の生徒様が実質話をする時間というのはせいぜい3分から5分がいいところでしょう。

これがフリートーキングになると、英語のできる生徒様の方がどうしても話をする時間を占めてしまい英語力の劣る生徒様はどうしても英語を話す時間が少なくなってしまいます。 2点目は、グループレッスンの場合の多くは英語の教材を中心に授業が進められてしまう点。

英会話を上達させるにはもちろん教科書を使って学習することは大切なことです。 でも、教科書を使った学習というのは一人で自宅学習できます。

学習したことを実践で使ってみることで英語は自然と身に着くのですが、自宅でも英会話スクールでも教科書を使っていたのでは、英語を話す場がなくなってしまいます。 また、せっかく学校に行っていながら英会話をする時間が数分で3分から5分で終わってしまう。これでは英会話が上達するわけがありません。

3つ目として、英会話スクールではなかなか自分が興味のあることを英語で話すことができないという点。 例えば自分は映画に興味があり映画の話を英語でできるようにしたいという生徒様がいたとしましょう。 もしこの生徒様が毎回レッスンの中で映画に関する話を英語でできる機会が持てたとすれば短期間でかなり英会話が上達するはずです。

本人が興味のあるトピックスなわけですから先生からいろいろな表現方法を教えてもらうことにより会話の幅がどんどん広がっていくはずです。 自宅で学習する際にも自分の興味のある俳優や又映画に関する話しを書いてレッスンに備えることもできるわけです。

そうすることにより自分の興味の対象である映画の話になればいくらでも英語で話ができるようになるはずです。 マンツーマンのレッスンで生徒様の希望に合わせたレッスンが進められる場合にはこのような学習方法も可能ですがグループレッスンの場合にはほぼ不可能です。

当オンライン英会話プライベートレッスンでは生徒様の英語力を最大限に引き延ばすために生徒様の興味のあることからどんどん英語で話をできるようにしていきます。 同時に、ライティングのサポートもあるために生徒様が書いた英語をこちらが添削し文法解説を加えてメールでお返しします。

生徒様はそれを元に予習をして次のレッスンで会話の中でそれを話すことができます。 この学習を繰り返すとこにより短期間で話せる英語に幅が広がってきます。 どれくらい効果がでるものなのかぜひトライアルレッスンで試してみてください。