第4文型

第4文型

S+V+O+O 「主語+動詞+目的語(人)+目的語(物)」二重目的語
「主語SはO(人)にO(物)をV(動詞)する」

音声を聞く場合はこちら

「私の父は私に時計を買ってくれました」
My father bought me a watch.

「彼は子供たちに英語を教えています」
He teaches children English.

「マイクは私に本をくれました」
Mike gave me a book.

「マイクは昨日、高島屋でガールフレンドにその時計を買ってあげました」
Mike bought his girlfriend the watch at Takashimaya yesterday.

人と物の語順を入れ替えることもできるが、その場合は人の前に前置詞が置かれる。
「私の父は私に時計を買ってくれた」
My father bought a watch for me.

「彼は子供たちに英語を教えています」
He teaches English to children.

第4文型が作れる主な動詞
Lend(貸す)He lent me a book.「彼は私に本を貸してくれた」
Write(書く)I wrote him a letter.「私は彼に手紙を書いた」
Tell(話す)She told me a lie.「彼女は私にウソを言った」
Send (送る)I send my boss an email.「私は上司にメールを送った」
Show(見せる)He showed me his new car.「彼は私に彼の新しい車を見えてくれた」
Pass(渡す)Would you pass me the salt?「その塩をとってもらえますか」
Ask(尋ねる、質問する)A lady asked me the way to the station「ある女性が私に駅への道を尋ねた」
Hand(手渡す)I handed him money.「私は彼にお金を手渡した」

第三文型に書き換え可能
He lent the book to me.
He wrote a letter to me.
She cooked dinner for me.
My father bought a watch for me.

forかtoかは動詞によって異なる。
おおざっぱな分け方としては
Forは人のために
Toは人に対して動作を行う

例)
He wrote a letter to me.「彼は私に手紙を書いてくれた」
He wrote a letter for me.「彼は私の代わりに手紙を書いてくれた」

第4文型と第三文型、基本的に言っていることは同じだが多少のニュアンスの違いがある。
「マイクは私に本をくれました」
@ Mike gave me a book.
A Mike game a book to me.

@ は「本を」Aは「私」に焦点が置かれている。
例えば
@ マイクの部屋には色々なものがあり、私に何かあげるよ、といって本選んでくれた。
A マイクは本を誰にあげようかなあと考えた末、私にくれた。

当サイトの運営者ヒロが講師を務めている英会話レッスンとライティングクラスです。
   ↓  ↓  ↓
初級英会話レッスン(オンライン個人レッスン)