Couldを意味を誤解して間違って使う人が多い

couldの間違った使い方

例えば

I could see it.(それを見ることができた)

I could feel it.(感じることができた)

couldの間違った使い方の例

会社のアメリカ人の部下が営業部門でトップになりました。

すると日本人の上司が

「やったね!」と言うつもりで

"You could do it!"

といったら、アメリカ人の部下は

"?????"と困惑した顔。

なぜなら、 "You could do it!" は、やろうと思えばできるのだが(実はやらない)という意味なのです。

この場合は

" You did it! "と言わなければなりません。

これは実際にあった話です。

また何かを行うことができたいう場合には was able to〜が使えます。

※couldの用法でややっこしいのが、「〜できなかった」と否定して使う場合はcouldn'tが五感表現以外でも使えるのです。

彼に会うことができなかった。

I couldn't meet him.