不定詞(to do)と動名詞(doing)の違い

不定詞(to do)と動名詞(doing)の違い

ともに「〜すること」の意味があり、使い分けが難しい。

私は中学時代に、このto doとdoingの違いが理解できずに英語を挫折したような気がします。

この二つ、使い方を間違えると意味が全然違ってくるので、よく理解しておきましょう。

さて、この不定詞と動名詞の使い分けのコツ。

私はこのようにしています。

不定詞:to do〜=これから行うこと、実現していないこと。

動名詞:doing =すでに行っている、もしくは行ったこと。

非常に微妙で分かりにく時もあるが、大まかにこの二つに分けておくと多くの場合間違えないです。

例えば

A:I stopped to smoke.

B:I stopped smoking.

to smokeはこれから煙草を吸う。

somokingは既に吸っている。

このことが分かっていると AのI stoped to somokeはたばこを吸う(これから)ために止まった。

BのI stoped somokingは煙草をすうのを(行っている)やめた。

では次の場合は?

A:I forgot to tell you.

B:I forgot telling you.

to tell you(これから言う)

telling you(言った)

すると答えは A:言うのを忘れた。

B:言ったことを忘れた。

全然意味が違いますね。