運営者情報

運営者情報

日記画像

講師:三浦浩 1960年生まれ
住所:〒981-0135 宮城県宮城郡利府町菅谷台4-2-11グリシーヌS301
電話:090-9013-8315(連絡時間:午後5時〜午後8時)

英語学習歴

「これだけ長く英語に接していれば、誰だって英語は上達するよ!」と言われてもおかしくない私の英語学習歴です。 この長い道のりは決して平たんではありませんでした。これから英語を学習する方々に少しでも励みになればと思います。

英語の授業初日から英語が嫌いになった学生時代

私の記憶では、中学、高校と英語の授業で100点満点のうち30点以上取ったのは一度しかりません。 英語の授業が苦痛でたまらなかった学生時代。先生が読み上げる英語がお経に聞こえチンプンカンプン。

挫折の繰り返しだった20歳代前半

20歳になり、その後何度英語の学習にトライしたことか。 何度かNHKの基礎英語教材を購入するものの、毎回1,2ページ勉強してはギブアップ。
新宿で、ある英会話スクールのキャッチセールスにつかまり入会。この時に受けたネイティブのレベルチェックでは、自分の名前と年齢を言うのがやっとの状態で レッスン開始のレベルは下から2番目のクラス。ちなみに、一番下のレベルはアルファベットのA.B.Cから学ぶクラスとか。 結局、1年間で20万円以上のレッスン料を支払い4,5回レッスンを受けて挫折。

教材を使って独学

ヒヤリングマラソン、アドベンチャーイングリッシュ、他複数の英語教材を使いながら英語学習。 リスニングのみの学習ではあったが、リスニング力が上達していることが実感できた時期。

英語学習を通じて人脈が広がった20歳代後半

東京の英会話喫茶に通うようになり、そこでネイティブのマンツーマンのレッスンを受け始める。
その頃に初めて受けたTOEICのスコアは280点台。
アメリカ人・オーストラリア人・カナダ人など5人以上の講師からレッスンを受ける。
ブロークン英語ながら徐々にコミニュケーションがとれるようになる。

USAへの赴任、人生の大転機

勤務していた不動産会社でロスアンゼルス現地法人への赴任を命ぜられ、ロスアンゼルスで5年間の生活が始まる。
長年アメリカに暮らしていながら英語を話せない日本人が数多くいることを知る。
「勉強しないと何年アメリカにいても英語は話せるようにならない!」と気が付き、それまでにないほど勉強に励む。
NHKの「基礎英語」「ビジネス英会話」の音声付教材をバックナンバーで6カ月分取り寄せ、毎日2,3時間リピーティングを繰り返しそのほとんどを暗記。
会社の指示で英会話のマンツーマンレッスンを受講することになる。1日3時間、週に3,4日間、2ヶ月間にわたり英会話のマンツーマンレッスンを受けさせられる。
少しでも英語に触れようと極力日本人と接することを避ける生活で、それがストレスになり半ばノイローゼぎみになる。
その後、多くのアメリカ人の友達に恵まれ公私ともに充実した生活を送りながら、日々の生活や会話の中で英語が上達してゆくのが実感できる。

英語の試験で取得した資格

・カリフォルニアの不動産セールスパーソン資格試験に合格。
・カリフォルニア不動産ブローカーズ資格試験に合格。
教科書の1ページ目を読むのに1時間を要し、わからない単語が1ページに50個もある状態からのスタート。 その後、5000以上の問題集を解きながら、英語で不動産の参考書を読んだりオーディオを聞くことでリーディング、リスニング力が養われる。同時に、”試験にはコツがある”ことを確信。

帰国後、英会話スクール運営、英会話講師を経験

3年間、教室の運営と初級者を対象に英会話の講師を務める。
この時点までまともに文法を勉強してこなかった。
教える立場になって、文法の重要性を実感し、文法の教科書を読みあさる。
この時、生徒さん方に英文日記を書いてもらい、添削、文法を教えるサービスを始めたところ、生徒さんの英語力が短期間で上達するのを見て、「英語で日記を書く」ことが、最も効果的な英語学習法のひとつであることを確信する。
その後、しばらく英語に関するビジネスから離れ、英語に関するサイトを複数立ち上げる。

2010年
 「初級レベルからの英語日記・文通で英語上達」を立ち上げ