中学生英語は文法と音読で上達

中学生英語は文法と音読で上達

中学生英語は文法と音読で上達 英語は頭と体で覚えるのが一番です。 中学英語で壁にぶつかり、中々理解できないと言う生徒様でも、音読をすることで身体に英語を覚えさせることができます。

子供が語学を習得する学習方法です。 英語学習において理解できないことにぶつかると、それがストレスになり先に進めなくなってしまいます。

文法が分からくなったら無理に理解しようとせずに、声に出しながら教科書を読んだり、音声教材があれば、その後に続いてリピーティングの練習をすることをお勧めします。 英語に接する量が少ない状態で英文法を学習するのと、多くの英語に接してから文法を学習するのとでは理解力に大きな差が生じます。 ですから、できるだけ多くの英語を音読し身体に英語のリズムをしみ込ませることで、それまで難しいと感じていた英文法がスーと頭に浸透してくることがあります。

中学生レベルの段階では英語に接する量が圧倒的に少ないのです。 中学英語が難しいと感じたら、覚えようとするのではなく、多くの英語に接するよう努めるのが良いでしょう。 それも、学校の教科書である必要はありません。

色々ためしてみて、楽しいと思える教材を使ってみることです。 私は教科書が嫌いで、洋画のスクリーンプレイを使って英語の学習をした時期がありましたが、その中から吸収できた英文法もけっして少なくありません。

その後に英文法の教科書を使ったことで「ああ、そういうことだったのか」と理解を深めたことが多々あります。