中学レベルで英会話ができる

中学生英語レベルの英語力で英会話は可能です

「中学英語レベルで英会話は出来る」ということを聞いたことがありませんか? 英会話に必要な基本的な英文法は中学の授業で学習した内容で十分なのです。 それに対して次のように反論する人がいるかもしれません。 「実際にネイティブが話す英語は中学英語レベルで理解できるはずがない」 と。

確かにネイティブどおしの会話や、英語ニュースともなると中学英語どころか、大学生の英語レベルでも聴き取りが困難です。 しかし、ここで言う英会話は1対1の英会話です。 逆の立場で考えてください。 もし、片言の日本語しか話せない外国から来た人と、あなたが日本語で会話をする際、あたなは他の日本人と話すように普通に話しますか? 相手のレベルに合わせ、相手が分かりやすい単語を選びながら話すのではないでしょうか? そうすることで、何とか会話が可能になるはずです。

ネイティブと英語で話す場合も同じことです。 私は中学レベルの英語力すらないころから、ネイティブ講師のマンツーマンレッスンを受けていました。 私が必死になって紙に書いたり、身振り手振りで自分の言いたいことを伝えようとすると、講師もできるだけ簡単な単語を使い、私が理解できるように話をしてくれたものです。

このように、こちらが中学レベル程度の英語力があれば、相手のネイティブスピーカーをこちらのレベルで分かるように話してもらうことでコミニュケーションを取ることが可能になるのです。あとは、何について話をするかで語彙力が違ってきます。 中学レベルの英語でネイティブを相手に英会話を可能にするコツは、相手が使う英語をこちらが分かるレベルに下げてもらうことです。