英語スピーキングの勉強方法

英語スピーキングの勉強方法

英語スピーキングの勉強、つまり英語を話す勉強は、英語の勉強というより口の運動の練習と考えてください。

テニスに例えると、実際の英会話が、テニスでは対戦相手のいるゲームとすれば、スピーキングの練習はテニスの素振り、またコーチに球出しをしてもらい、それを打ち返す練習と言えます。

日々、テニス同様この練習をどれだけ行うかが、実戦での成果につながるわけです。 ですからピーキングは勉強するものでなく、練習するものと心構えましょう。

できるだけ短い期間で上達したいと思ったら、口が疲れるほど毎日練習することです。 初めのうちは口の筋肉が疲れるものです。 そこまで、練習すれば数週間後に明らかに効果が表れるはずです。