英語を聞き流すだけで英会話は話せるようになるか?

英語を聞き流すだけで英会話は話せるようになるか?

よく聞き流すだけで英会話ができるようになる、という英会話教材を見かけます。 果たして、本当に英語を聞き流すだけで英会話が話せるようになるのでしょうか? 確かに、聞いて理解できない英語を話すことはできません。 その点で、英語を聞くという学習は英会話を話せるようになる上で必要な学習の一つになります。 ただ、英語を聞いているだけ、もしくは聞き流しているだけで英会話ができるようになるということはないと思ったほうがよいでしょう。

分かりやすい例を話しましょう。 私たちは日々、新聞を読んだりテレビのニュースを聞いたり又書籍であれば小説を読んだりしています。 では、小説が読めるからと言って同じように小説を書けるかというと答えはNOです。 又、ニュースのアナウンサーが話している言葉、使っている言葉などを我々が日常生活の中で同じように使えるかというとこれも又疑問が残ります。 でも、彼らの話している内容は理解できているわけです。

やはり、話す能力を向上させるには話す訓練が必要になります。 海外へ一度も行ったことがなく、それでもきれいな英語を話せる日本人がいますが、 そのような人たちは、ほぼ例外なしと言ってよいほど英語を話す訓練をしています。

その学習方法として、英語のCDなどを利用してリピーティングをして発音練習をしたり、音読、シャドーイングという学習方法で英語を話す訓練をしているのです。 ですから、英語を聞いたり聞き流したりするという学習は隙間時間を有効に使うという点では大変時間の有効活用になりますが、その学習のみで英会話が話せるようになると信じるべきではありません。