海外留学をしたが英語ができずに困っている

海外留学をしたが英語ができずに困っている

海外留学をしたが英語ができずに困っているという方は少なくありません。 私が5年間仕事でアメリカに滞在していた頃多くの日本人学生を目にすることがありましたが英語ができずに困っているという人が数多くいた現実を目にしてきました。

ではなぜ海外留学をしていながら英語が身につかないのか、その主な原因の一つに文法を理解していないという点が上げられると思います。 数多く英語に接すればその分だけ上達すると考えがちですが、あくまでもこれは英語の基本的な文法を理解した上での話です。

基本的な文法を理解しないまま数多くの英語に触れたとしても耳や目は慣れてくるでしょうが、それを理解するまでには長い道のりを必要とします。 これは文法に限らず語彙力に関しても同じことが言えます。

例えば
Now, I understand.
この英語の意味を理解できない人が、この言葉を10回聞いても理解できないでしょう。

いや1000回聞いても理解できません。 でも、アメリカ人の家庭にホームステイしていて、ホストファミリーの人がこの言葉を使っているのを聞けば、その時の状況で「ああ、こんな意味かな?」とその言葉の意味を推測することができるので、数回聞けば理解できるようになるでしょう。

もっと手っ取り早く覚える方法は Now, I understand. の意味は「今、理解できたよ(そういうことか!)」と、セットで覚えてしまえばよいわけです。

辞書で調べその意味を理解した上で繰り返し聞くことにより身になるわけです。 そこのところを理解しないままアメリカで数年間住んでいれば自然と英語が話せるようになるだろうという、安易な気持ちで海外留学をしてしまった人たちが英語を話せずに苦しんでいるわけです。

私の英会話レッスンでは英語を話せるという技術を向上させると同時に英語を書く訓練をサポートしていきます。 英語を話すということと書くという技術を並行して学習することにより、その相乗効果により短期間で英会話力が身につきます。

現在海外生活していて当レッスンを受講されている生徒さんもいます。