英会話通信講座のメリットとデメリット

英会話通信講座のメリットとデメリット

英会話の通信講座の紹介
翻訳ではありますが、私自身通信講座を受けたことがあります。

しかし、残念ながらその時は2,3か月で挫折してしまいました。
当時の自分のレベルと比較してレベルが高すぎたかな?とも思えるのですが、
ただ、私が中級レベルにも達しないうちにカリフォルニア不動産ブローカーの資格試験を通信教育でパスしたことを思うと、もうもレベルの違いだけではなさそうです。

考えるに、目的意識の明確さの違いだったのではないかと思います。
アメリカで不動産の仕事をしていたことから、不動産の資格試験はどうしても取りたいという気持ちがありました。

一方翻訳の勉強に関しては、将来翻訳の仕事がしたいわけではなく、かといってその勉強をしなければ英語の書物が読めないわけでもなく、どこかで「この勉強は自分にとって本当に必要なのだろうか?」という意識があったことは確かです。

何でもそうですが、継続して勉強すれば間違いなく上達するものです。
ただ、英会話はあくまでも会話の勉強ですから、教科書だけでの勉強だけでなく実際に会話ができるレッスンは行うべきでしょう。
オンラインのページで紹介しているいように、最近では安く受けられる英会話オンラインレッスンがあります。

パソコンがない方であれば、これを機会にパソコンの購入とオンラインの受講を検討してみてはどうでしょうか。
ネットが使えれば外国人のメル友を作ることも可能です。

もし、通信の翻訳講座を受けたいと思われているのであれば、目的を明確にした上でとりかかることをお勧めします。
はじめの段階からレベルの高い講座が多いようですが、それくらいのほうが目的に到達できる時間が短縮されるので、頑張ってついてゆくべきでしょう。