英会話バイリンガル講師のレッスンの長所と短所

英会話バイリンガル講師のレッスンの長所と短所

英会話バイリンガル講師の長所と短所を紹介します。
バイリンガル講師と言っても、英語ができる日本人と日本語ができるネイティブ講師とに分けれらます。

私が運営している初級英会話レッスン(オンライン個人レッスン)では、会話レッスンでは出来るだけ生徒様に話をしてもらう機会をつくり、メールで英語が書けるようサポートを行っています。

日本語を使わないネイティブか日本語の分かる講師か、どちらがいいかと言うことは言えませんが、初級レベルのうちは日本語でサポートを受けられるほうがストレスが少ないと言えると思います。

今、私は講師としてスカイプで講師を務めていますが、私自身初級レベルの当時はネイティブのレッスンを受けていました。 当時は、何も分からない状態から日本語を使わないでレッスンを受けていましたが、そのストレスはかなりのものでした。 また、基本的な文法が理解できていなかったために、今思えばかなり遠回りしたと感じています。

自分で文法などの基本的な学習が出来る人は、積極的にネイティブ講師のレッスンを受けたほうがよいと思います。しかし、そうでない人は文法と会話を並行しながら学習したほうが上達の度合いも早くなるというのが、私自身の感想です。

とは言っても、せっかく高い授業料を払って、レッスンで文法中心の学習をすることはお勧めしません。そのため、私が担当するオンライン英会話レッスンでは会話中心に進め、メールサポートで文法を学習し、英作文を書けるようにしています。