勉強友達が勉強継続のカギ

勉強友達を持つことが継続のカギ

勉強友達って?
英会話スクールに通ったことのある人なら分かると思いますが、レッスンを受けていると顔なじみができます。
  そこには異業種の人々、異なる年齢の男女、様々な人が一つのクラスでレッスンを受けます。
私がグループレッスンを受けていた初級レベルの頃、色々な方々との交流がありました。

スクールに行く目的は別に英会話の勉強だけとは限りません。
そこで知り合った人々との交流の場でもあるのです。
他の業種の人々の話を聞いたり、それぞれの仕事や私生活での出来事をレッスンを通して聞くのが楽しいかったのです。

私が英会話教室を運営していた時は、主にフリートーキングの時間を多く儲けていました。
私自身レッスンを受け持っていたこともあります。

その中で交わされる会話(もちろん英語)は本当に面白く、時には感動的、またショッキングなものがありました。
そのような話を聞けるだけでも英会話のレッスンに参加する価値が私にはありました。

英会話は単に英語で会話をすることです。
英語は手段であり、会話することが本来の目的です。

ですから話すことがなければ英会話を学んでも勉強する意味が半減してしまうのです。
まずは発信したいことがあり、また同時に知りたいという好奇心があることが英会話を習う上で大切なことだと思うのです。

ですから、英会話レッスンを受ける目的に誰それと会って話をすること、であることは決して目的として間違っていないのです。
中には、異業種の人々との交流を目的とし、その手段として英会話教室に通う人もいます。
また、単に会社以外で友達を作りたいという目的でくる人もいます。

ある調査では、スポーツジムや習い事に通う人々の目的を調べたところ、会社以外でほかの人との交流を求めたいから、という回答をした人がかなりの割合でいたということでした。

英会話レッスンが続かなくてやめてしまう人の理由は、自宅で勉強する時間がなくてレッスンについていけない、というものがあります。
たしかにそうなるとレッスンから足が遠ざかる気持は私にも分かります。
実際、私もそうでした。
そしてその都度スクールを変えたりしたこともあります。

でも、それでもいいと思います。
スクールを変えてでも、いずれ楽しいクラスに出会える時が来るまで英語に触れ続けられるのであれば。
少しずつでも上達することで、友達の輪が広がってくることでしょう。

あせらず、友達と気楽に仲良くという英語勉強法は私は好きです。
なぜなら、英会話の勉強は遠い道のりなのですから。
歩き続けることが大切です。